水族館の水槽から、
旧小学校の水槽へ。
日々うなぎに向き合っています。

エーゼロ株式会社
内水面養殖事業 飼育管理技術担当
長田 信人

私はうなぎの飼育全般を担当しています。以前は、水族館に飼育員として 12 年半勤めていました。みなさんがよく知るような水族館にいる生きものから、うなぎへの転換です(笑)。

うなぎは稚魚から育てています。生命力は強い魚ですが、水質によって健康状態が左右されるため、水質管理には気をつけています。えさやふんで水が汚れやすいので、毎朝水質を測定し、水やろ過槽のマットは毎日交換しています。水質管理の際に出る排水は、農作物を育てるために使用する計画を立てています。

養殖業全般では、魚の病気の予防や治療のために薬が使われています。でも、魚が健康を保っていれば薬を使う必要はありません。「健康に育てたうなぎを、安心できる食材として召し上がっていただきたい」という思いから、エーゼロでは無投薬にこだわっています。

えさは、うなぎ専用のパウダー状の飼料に水を混ぜてもち状にしたものを一日に 2 回あげています。うなぎたちはえさを待ち構えていて、一斉にかぶりつくほど元気です。

また、うなぎは本来暖かいところにいる魚なので、その環境に合わせて水温を 25 〜 30 度に設定しています。現在は灯油ボイラーで加温を行っていますが、2017 年中には、村内の製材所である株式会社西粟倉・森の学校から出る廃材の木くずを活用したバイオマスボイラーを導入予定です。

直径 5 メートルの水槽一つに、大きさによって 2,000 ~ 5,000 匹のうなぎがいます。「多い」と思う方がいるかもしれませんが、実はうなぎには数が少ないと縄張りをつくってケンカをしてしまう習性があり、ケガを防ぐためには密集して育つ環境をつくるほうがいいのです。

人が毎日行う食事は、「いのちをいただく」行為でもあります。私たちエーゼロは、排水を使った農業、バイオマスボイラーなど、地域の資源に循環の輪をつくり、うなぎといういのちを大切に育んでいくことを目指しています。

淡いピンク色の校舎"" 木の香り漂う正面玄関 教室入り口に掛かっている学級名 レトロな手洗い場のタイル 玄関入って正面にある校舎内の案内図 うなぎの養殖施設になっている元体育館 校舎内廊下にあるマーク 黒板式の日本地図 廊下の天井にあるサイン 校舎内にはいくつかの小さなお店があります 廊下に飾られている卒業制作品 今でも使用している黒板消し

エーゼロ株式会社が拠点を置き、うなぎを育てているのは廃校です。
1999 年 3 月に閉校した「旧影石小学校」といいます。養殖の施設は、なんと元体育館。
床がとても頑丈で、床下に空間があって配管など簡単に設置できたため、
うなぎを育てる環境づくりに最適でした。

森林、田畑、水辺がコンパクトにまとまっている山間部だからこそ、「自然資本力」を生かせます。
農業、林業、水産業のつながりをどうつくり、どのように価値を生み出していくか。
この廃校をステージに、整備しながら可視化していきます。

毎日約 100 枚のマット洗浄。
きれいにすると「うなぎが喜ぶ」。

特定非営利活動法人「じゅ〜く」代表
大橋 平治さん

私は西粟倉村出身です。長年村役場に勤めていましたが、2008 年 3 月に役場を早期退職し、村に移住者を呼び込む事業などを経て、2014 年 3 月に「じゅ〜く」の認可を、翌月に「プラスワーク」の認可をそれぞれ得て、立ち上げました。利用者は、知的障がい、精神障がい、身体障がいのある人たちです。

理由は、西粟倉村に福祉の拠点をつくりたいと考えたからです。障がいのある人の生活の相談にのり、その人が働けるような環境をつくりたいと思いました。現在、西粟倉村で育った杉の間伐材を使った割り箸を箸袋に封入する作業や、木工製品の加工、箱折などの作業を受託しています。

うなぎの養殖では、ろ過で使うマット約 100 枚の洗浄作業を請け負っています。マットは毎日交換するもので、うなぎのえさやふんが詰まりやすい形状をしているので、洗浄は容易な作業ではありません。マットは、目の粗いものから細かいものまでいろいろな種類があり、繰り返し使っています。

マットを一年 365 日、ほぼ毎日洗ってすべて交換しているうなぎの養殖施設は、ほとんどないそうです。水槽の水は常に透き通っていてきれいです。

「じゅ〜く」には全体で 9 人の利用者がおり、マットの洗浄は 3 人が交替で担当しています。利用者とスタッフで手分けをし、毎日午前中に作業を行います。利用者が水道水で洗い、スタッフは腕力の必要な高圧洗浄を使って洗うのです。

とくに水が冷たい冬はつらい作業になりますが、一生懸命やってくれていますよ。利用者が洗ったマットは、スタッフが確認してから格納します。利用者は、マットを洗うことで「うなぎが喜ぶ」という理解をしてくれていますね。

  • メールアイコン

    メールマガジン

    新しい商品やイベントインフォメーションなど、
    お知らせをお届けします。

    ※ 個人情報の取り扱いについて
    エーゼロ株式会社